ZERO1引越センターを徹底調査。口コミや長距離プランほか

ZERO1引越センター

「ZERO1引越センターで長距離の引っ越しをしたいんだけど…」
「料金は、安いのかな?」
「ZERO1引越センターの口コミを読んでおきたい」

 

ZERO1引越センター(ゼロワン引越センター)を検討されている方は、こんなことが気になっているはずです。

 

そこで、ZERO1引越センターのプランの違い、料金、口コミについてまとめてみました。

 

特に、ZERO1引越センターは長距離引っ越しに強みがあることで知られていますので、その点にも触れています。

 

この記事を読んで、あなたの引っ越しが、できるだけ安く、無事に終わる助けになれば、嬉しいです。

 

 

 

ZERO1引越センターとは

ZERO1引越センターのコンセプトは、「圧倒的な低価格と、良質なサービス」、「作業のスピード化と安心・安全」。

 

両立が難しいサービスを同時に提供することを目標にしています。

 

サービス開始は2,006年。まだ若い会社です。現在は、本社のある東京を中心に、東日本の2都県、西日本の3府県で、サービスを展開しています。

 

 

ZERO1引越センターのプラン

  • 節約プラン
  • らくちんプラン
  • スペシャルプラン
  • 長距離プラン
  • 単身プラン
  • 大物積切プラン

 

以上、6種類のプランを選択することができます。

 

このうち、節約プラン、らくちんプラン、スペシャルプランはレギュラークラスの引っ越しプラン、あとの3つは特別プランとなります。

 

 

基本的な作業フロー

ZERO1引越センターの引っ越しプランの、基本的な作業フローはこのようになっています。

 

ZERO1の作業手順

 

「小物箱詰め」と「荷ほどき」は、プランによっては契約者が行うこともあります。そのほかの作業はプランによらず、引越センターのスタッフの方が担当する作業です。

 

梱包資材の用意

契約すると、ZERO1引越センターから、ダンボール箱やハンガーボックスなどの梱包資材の提供があります。

 

ダンボール箱のサイズは、「35×50×35cm」、「30×35×35cm」の、2種類。見積もり後に即決した場合は、その日のうちに資材をもらうことも可能です。

 

運搬

運搬作業は、

 

  • 家具梱包
  • 搬出
  • 運送
  • 搬入
  • 家具解梱
  • 家具・家電のセッティング

 

6つの工程から成っており、すべてZERO1引越センターのスタッフが担当します。また、この運搬の作業は、6種類どのプランにも含まれます。

 

10分間おもてなしサービス

作業がひと通り完了したあと、10分間の作業をオーダーすることができるサービスです。

 

たとえば床の簡単なクリーニングや、オプションサービスに入っていない照明器具の取り付けなど、できる範囲で対応してくれるようです。

 

ただし、サービス作業になるため、トラブルが起きても保障の対象外となります。

 

 

節約プラン、らくちんプラン、スペシャルプラン

ZERO1引越センターのこちらの3つは、レギュラークラスのプランになります。

 

上で紹介した作業フローのうち、どの作業を契約者が自分で行うかが、プランごとの違いになります。

 

節約プラン

節約プランは、「小物箱詰め」と「荷ほどき」を契約者が行うプランです。

 

家具や家電などの大型家財はスタッフが荷造りしますが、それ以外は基本的にすべて自力で荷造りするプランで、その代わり、料金は3つのうちでは最も安くなっています。

 

引っ越し費用をおさえたい方や、引っ越しまでに余裕がある方におすすめです。

 

らくちんプラン

らくちんプランは、箱詰めから搬入、セッティングまでの引っ越し作業は、ZERO1引越センターのスタッフに任せ、契約者は、作業終了後に小物の荷解きだけをゆっくり行う、というプランです。

 

ダンボール箱に入れるものが多くて、荷づくりに時間がかかる! という方に便利なプランです。

 

スペシャルプラン

ZERO1引越センターのスタッフが、箱詰めから荷ほどきまで、すべての作業を行ってくれるプランです。

 

スタッフの作業が多くなる分、料金は高くなりますが、引っ越しまで日数がない方や、仕事が忙しい方、小さいお子さんがいる家庭には、おすすめのプランです。

 

 

長距離プラン

関東地方から関西地方に引っ越すなど、遠方への引っ越しは、ZERO1引越センターの長距離プランを利用しましょう。

 

スピードを重視するならば直行便がおすすめ。安さを重視するならば混載便も利用することができます。

 

詳細は、次のトピックで紹介します。

 

 

単身プラン

ひとり暮らしで、荷物が少ない方におすすめの、格安プランです。

 

小物箱詰めと荷ほどきの作業は自分で行い、そのほかの、大型荷物の梱包・解包・セッティングは、スタッフが担当します。

 

節約プランと作業内容は同じですが、荷物の少ない方向けのプランのため、料金が低くおさえられているのが単身プランの特徴です。

 

 

大物積切プラン

ZERO1引越センターの大物積切プランは、家具や家電など、大型の家財だけを運んでもらうプランです。作業は、家財の梱包から荷ほどき、セッティングまで含まれますので、難しい作業をすべてプロに任せることができます。

 

引っ越し先が近所、という場合におすすめです。小型の荷物は自家用車やトラック便などで運び、大型家具はこのプランで運ぶ、などという方法もありますね。

 

 

ZERO1引越センターの対応エリアは、このようになっています

  • 東日本エリア……千葉県、東京都
  • 西日本エリア……京都府、大阪府、兵庫県

 

基本的には、ZERO1引越センターの対応エリアは同一エリア内のみです。つまり、東日本の場合は、東京都内、千葉県内、東京〜千葉間の3種類、ということになります。

 

東日本エリアから西日本エリアへ引っ越しする場合は、長距離プランを利用できますが、その場合も、出発地と目的地は、上記の都府県に限定されます。

 

西日本は京都・大阪・兵庫の間だけで引っ越しができる

 

ZERO1の対応エリア西日本

 

東日本は東京と千葉が対応エリア

 

ZERO1の対応エリア東日本

 

 

ZERO1引越センターの長距離引っ越し

東京から関西エリアに荷物を運びたい、など、遠方への引っ越しを予定している方には、長距離プランがおすすめ。

 

直行便のほか、混載便も選択することができます。

 

特徴 メリットとデメリット
直行便 トラックをチャーターして、目的地まで直行で運ぶ 早く到着するが、料金は高め。
混載便 同じ地域に引っ越す人の荷物を数人分まとめてトラックで運ぶ 輸送経費が抑えられるので比較的低料金で運ぶことができるが、日数がかかる。

 

 

長距離プランの対応エリア

前述したように、ZERO1引越センターの長距離プランのサービス対応エリアは、

 

「千葉・東京」⇔「京都・大阪・兵庫」

 

このようになっています。たとえ隣県でも、東京から奈良や滋賀などへの引っ越しは対応していないのですね。ここは注意してください。

 

長距離引っ越しも、対応エリア間の引っ越しとなる

 

ZERO1の長距離引っ越し

 

 

サービス内容・作業手順

作業手順

  1. 家具の梱包
  2. 搬出・運送
  3. 搬入
  4. 家具の解梱
  5. セッティング
  6. 10分間おもてなしサービス

 

サービス内容は、基本的には近距離のプランと同じですが、小物の荷造りと荷ほどきは、契約者が行うことになります。

 

オプションサービス

電気工事やクリーニングなどのオプションサービスを追加することができます。

 

くわしい内容については、次のトピックで紹介します。

 

貨物保障

ZERO1引越センターは、万が一の事態に備えて契約者の荷物に損害保険をかけています。保険料ははじめから料金に含まれていますので、あらためて保険に加入したり、保険料を支払う必要はありません。

 

保険は、あいおいニッセイ同和損保の損害保険になります。

 

  • 1点30万円以上の荷物については、別途保険をかけることが推奨されています。
  • PCソフトは保障の対象外です。
  • 引越作業中の貴重品や鍵などの紛失も補償の対象外です。

 

長距離引っ越しをする方は、複数社の比較がポイントです。下記ページで、詳しくまとめました。

 

長距離の引っ越しを格安にするならはこちら。

 

 

 

ZERO1引越センターの料金

各プランの基本料金は、以下のようになっています。

節約プラン 30,000円〜
らくちんプラン 40,000円〜
スペシャルプラン 60,000円〜
単身プラン 18,000円〜
大物積切プラン 40,000円〜
長距離プラン 50,000円〜

 

この基本料金に、運送距離に応じた追加領金や、オプションサービス料金を加算したものが、支払い額となります。

 

実際にZERO1引越センターに依頼した場合の料金例を紹介しましょう。引越情報サイトに掲載されていたものです。

 

例1.

  • 節約コースで同一市内への引っ越し
  • トラック2台、作業員3人
  • オプションサービスなし

 

運賃……50,000円
人件費……40,000円
料金合計……75,600円(サービス割引適応)

 

例2.

  • 節約コースで東京から千葉への引っ越し
  • トラック1台、作業員3人
  • オプションサービスなし

 

運賃……65,000円
人件費……25,000円
料金合計……97,200円(消費税込み)

 

 

ZERO1引越センターのオプションサービス

ZERO1引越センターでは、基本のプランにオプションサービスをつけ、作業を追加することができます。

 

オプションは全プラン共通です。近距離のプランにも長距離プランにもつけることができます。

 

オプションサービスはすべて有料です。各サービスの料金については、ZERO1引越センターまで問い合わせてください。

 

電気工事 エアコンや照明器具の取り外し、取り付け、配線などの移設工事を行います。
ハウスクリーニング 旧居でも、引っ越し先の新居でも、どちらのクリーニングを頼んでもOK。
不要品の引き取り

要らなくなった家具・家電の引き取りを行います。
家電リサイクル法の対象品は、オプション料金にリサイクル料が加算されます。

盗聴器調査 新居に、盗聴器がしかけられていないかを調査します。
荷物の一時保管 引っ越し日と、新居への入居日が合わない、といった場合に、荷物を一時保管します。

 

 

ZERO1引越センターの口コミ

おすすめします!

  • 安く引っ越ししたい方にはおすすめです。3社くらい相見積りを摂りましたが、ダントツで安かったです。
  • 荷造りも運び出しも、手際がテキパキしていて、見ていて気持ちいいくらいでした。引っ越しもスムーズに終わりました。
  • 仕事が早くてスムーズ。セッティングまでお願いしたのに予定よりも早く終わってくれました。料金も安くて大満足です。

 

 

おすすめしません……

  • 作業終了後に確認したところ、タンスの金具が破損していました。そのほかにも、家具、家電のあちこちにすり傷やへこみがありました。料金分のサービスです。
  • 運送保険に加入しているはずなのに、荷物の破損については「うちじゃない」と言い張って補償してくれませんでした。
  • 家具の梱包が何となく雑だと思っていたのですが、あとで見たらやっぱり傷が。養生もなかったので床や壁にも傷がついてしまいました。
  • 作業か全体に雑、という印象でした。荷造りを頼んだのですが、とにかく手当たり次第にダンボールにつめ込む、という感じ。時間をかけられないからしょうがないのかもしれませんが……。

 

 

口コミまとめ

ZERO1引越センターの好評は、「安かった」、「作業が早かった」というものが多く、一方で良くない口コミは、荷物が破損したり、傷やへこみができた、作業が雑、といったものが多かったです。

 

ZERO1引越センターのコンセプトは、「スピードと安心・安全の両立」なので、作業の速さも売りなのだと思いますが、そちらを重視するあまり、作業自体がそまつになってしまったケースもあるようです。

 

あと、せっかく貨物保険に加入しているのに、ユーザーが補償を受けられないことも多いようですね。

 

大事な荷物や家具は、壊れないようにエアキャップで包むなど、何か対策を講じておくのがよいのではないでしょうか。