JR貨物のコンテナで長距離引っ越し!

引っ越し費用を安くする! コンテナ便

引っ越し準備するカップル

 

長距離の引っ越しを安く済ませたい方には、JR貨物のコンテナ便が便利かもしれません。

 

コンテナ便を利用した引っ越しは、まずは荷物を業者のトラックで最寄のJRの駅まで運び、そこでJR貨物のコンテナ便に載せ換えて貨物列車で運送します。駅に到着したあと、新居までは再びコンテナからトラックに載せ換えて運搬する、という流れになります。

 

JR貨物のコンテナ便のメリットは、冒頭でふれたように、長距離の引っ越しでも、比較的安い料金で済ませることができることがあげられます。引っ越しは通常、業者のトラックで新居まで運ぶのが一般的ですが、これはいわばトラック一台をチャーターして運ぶ形式なので、移動距離が長くなると料金はどうしても高額になります。

 

その点、貨物列車の場合は、貨物を運搬する便に相乗りする形になるため、トラックよりも輸送費が抑えられるわけです。列車だと大量の貨物を一度に運搬できるのも、低コストの理由でしょう。

 

また、列車のダイヤに合わせて運搬されるのでトラックよりも時間が正確で、計画が立てやすいというのもメリットです。

 

一方、JR貨物のコンテナ便を利用するデメリットは時間がかかる場合があることです。JR貨物はコンテナが一定数集まるのを待って運搬します。上記のメリットと少し矛盾するようですが、出発してしまえば到着時刻は正確に割り出せますが、その前に、荷物が出るまでに駅で少し待機時間が生じる場合があるわけです。日数に余裕を持たせて計画するとよいでしょう。

 

コンテナ便を利用したい方は、まずJRの引っ越しサービスがあります。JRは引っ越し業者ではありませんが、事前の見積もり、駅までの運搬などを提携している運送会社が担当し、引っ越し業者と変わらないサービスを提供しています。

 

ちなみにJR貨物の場合は、当日コンテナを積んだトラックで契約者の家に行き、直接コンテナに荷物を積み込む形式になっています。トラック→コンテナ、コンテナ→トラックと、2度も載せ換えると荷物の紛失が心配という方は、JRを検討してみるとよいのではないでしょうか。

 

他には、カルガモ引越センター、アリさんマークの引越社がコンテナ便を使った引っ越しサービスを展開しています。アリさんマークは、JRの駅までをアリさんマークの引越社のトラックが運び、JR貨物で目的地の最寄り駅まで輸送。そしてまたアリさんマークの引越社のトラックが転居先の家まで運ぶという方法など3種類のプランから選ぶことができます。

 

 

長距離引っ越しを安くする方法はこちら。