JR貨物のコンテナで長距離引っ越し!

引っ越し費用を安くする! コンテナ便

引っ越し準備するカップル

 

長距離の引っ越しを安く済ませたい方には、JR貨物のコンテナ便が便利かもしれません。

 

コンテナ便を利用した引っ越しは、まずは荷物を業者のトラックで最寄のJRの駅まで運び、そこでJR貨物のコンテナ便に載せ換えて貨物列車で運送します。駅に到着したあと、新居までは再びコンテナからトラックに載せ換えて運搬する、という流れになります。

 

JRコンテナ便のメリット

JR貨物のコンテナ便で引っ越しをするメリットは、冒頭でふれたように、長距離の引っ越しでも、比較的安い料金で済ませることができることがあげられます。

 

引っ越しは通常、業者のトラックで新居まで運ぶのが一般的ですが、これはいわばトラック一台をチャーターして運ぶ形式なので、移動距離が長くなると引っ越し料金はどうしても高額になります。

 

その点、貨物列車で引っ越しをする場合は、他の貨物を運搬する便に引っ越しの荷物を入れたコンテナを相乗りさせる形になるため、トラックよりも輸送費が抑えられるわけです。列車だと大量の貨物を一度に運搬できますから、これも低コストの理由でしょう。

 

また、列車のダイヤに合わせて貨物が運搬されるのでトラックよりも時間が正確で、計画が立てやすいというのもメリットです。

 

JRコンテナ便のデメリット

一方、JR貨物のコンテナ便を利用するデメリットは時間がかかる場合があることです。JR貨物はコンテナが一定数集まるのを待って運搬します。

 

上記のメリットと少し矛盾するようですが、出発してしまえば到着時刻は正確に割り出せますが、その前に、荷物が出るまでに駅で少し待機時間が生じる場合があるわけです。JR貨物を利用する際は、日数に余裕を持たせて計画するとよいでしょう。

 

また、JR貨物を利用しての引っ越しは、当たり前のようですが鉄道が引かれている地域にしか荷物を運ぶことができません。そのため、沖縄県や離島地域へコンテナ便で引っ越しをしたい場合は、他社の船便や飛行機便を利用する必要があります。

 

コンテナ便で引っ越しをするときは……

コンテナ便を利用したい方は、まずJR貨物の引っ越しサービスがあります。JR貨物は引っ越し業者ではありませんが、事前の見積もり、駅までの運搬などを提携している運送会社が担当し、引っ越し業者と変わらないサービスを提供しています。

 

ちなみにJR貨物の場合は、当日コンテナを積んだトラックで契約者の家に行き、直接コンテナに荷物を積み込む形式になっています。トラック→コンテナ、コンテナ→トラックと、2度も載せ換えると荷物の紛失が心配という方は、JR貨物を検討してみるとよいのではないでしょうか。

 

JR貨物以外では、カルガモ引越センター、アリさんマークの引越社、日本通運などの引っ越し業者、運送業者が、コンテナ便を使った引っ越しサービスを展開しています。

 

アリさんマークは、JRの駅までをアリさんマークの引越社のトラックが運び、JR貨物で目的地の最寄り駅まで輸送。そしてまたアリさんマークの引越社のトラックが転居先の家まで運ぶなどのプランから選ぶことができます。

 

長距離引っ越しを安くする方法はこちら。

 

JR貨物のコンテナのサイズはどのくらい?

JR貨物ではいろいろなサイズのコンテナが使われていますが、引っ越しに使われるコンテナのサイズは、「床面積8u、容積19u」、内寸は「高さ2,252o×幅2,275o×長さ3,647o」になります。5トンコンテナとか、12フィートコンテナと呼ばれているタイプですね。

 

これは、引っ越し便の単身パックで一般的に使われているカゴ型コンテナが2個分入るくらいの容積です。部屋でたとえると、4畳半のアパートにある家財道具なら、全部積み込むことができる感じです。

 

「コンテナ1個=引っ越しの荷物1〜2人分」とイメージするとよいでしょう。そのため、家族引っ越しの場合は、人数や荷物の量に応じて、コンテナを複数個、契約することになると思います。

 

また、大型の家具がある場合は、コンテナの天井につかえないか、高さをチェックした方がよいでしょう。コンテナの天井はイメージよりも低いです。一般的な大型冷蔵庫は、だいたい180cmくらいの高さですから問題がありませんが、冷蔵庫よりもはっきりと背丈の高い本棚、食器棚などは入らない可能性があります。

 

JR貨物の引っ越し用コンテナはサイズが1種類ですが、日通のコンテナ便では、5トンコンテナの他に、一回り小さな2トンコンテナも選択することができます。荷物がごく少量の引っ越しの場合には便利です。

 

JR貨物で引っ越しをした場合に、かかる日数は?

JRの貨物列車で荷物を送る経験をしたことのある方はほとんどいないと思います。コンテナ便の引っ越しだとどのくらいの日数で届くのか、見当がつきづらいですよね。

 

  • 自宅から駅までの輸送時間
  • 駅での待ち時間
  • 駅から駅までの輸送時間
  • 駅から引っ越し先までの輸送時間

 

コンテナ便を利用した場合の所要日数は、これら4つを合計した時間になります。このうち、駅から駅までの輸送時間は、JRで発行している「コンテナ列車時刻表」で確認することができます。

 

駅から駅までの輸送時間の例

駅名 所要時間
東京−大阪(500km) 約9時間
東京−広島(800km) 12〜15時間
東京−福岡(1,000km) 18〜24時間

 

では、自宅で荷物を送り出してから引っ越し先に荷物が到着するまではどのくらいの日数がかかるのでしょう?

 

これは駅までの距離や駅での待ち時間、列車の発着時刻といった条件によって変わってくるので、正確に割り出すのは難しいのですが、利用した方の話を総合すると

 

駅名 所要日数
東京−大阪(500km) 2〜3日
東京−広島(800km) 3〜4日
東京−福岡(1,000km) 4〜5日

 

これくらいの日数になるようです。最初の表と比較してみると、だいたい1日から2日ていど、駅での待ち時間が発生している計算になるのではないでしょうか?

 

引っ越しの計画を立てる際には参考にしてみてください。

 

JR貨物のコンテナ便で引っ越した場合の料金は?

JR貨物によるとコンテナ輸送のトータル運賃は

  • 発送料
  • 鉄道運賃
  • 到着料
  • 付帯料金

 

この4つを合算した料金になります。上の所要日数の計算と似ていますよね。

 

「発送料」は集荷料金や自宅からJRの最寄り駅までの運賃など、「鉄道運賃」はそのまま、駅から駅までの運賃、「到着料」は到着駅から引っ越し先までの運賃や配達料金などになります。

 

ちなみに、4つ目の「付帯料金」にはどういったものが含まれるのかは、JR貨物のホームページにも具体的なことは明記されておらず、ちょっとわかりませんでした。家具をクレーンで吊り下げて搬出したり、自宅と駅との距離が非常に離れているなど、特殊な作業が入った場合に発生する料金かもしれません。

 

発送料や到着料は見積もりをしてもらわないとわかりませんが、鉄道運賃については、前述の「コンテナ列車時刻表」でチェックすることができます。東京貨物ターミナルから各地へ荷物を運んだ場合の運賃を見てみましょう。

 

鉄道運賃の例

駅名 料金
大阪ターミナルまで(500km) 35,000円
広島ターミナルまで(800km) 48,000円
福岡ターミナルまで(1,000km) 60,000円

 

コンテナ便を利用するときの「最寄り駅」はどこになる?

ちょっと注意したいのは、JR貨物で荷物を送る場合、「最寄り駅」はどこになるのか、ということです。特に都市部では町中にJRの駅がありますが、それらのほとんどは乗客を運ぶ旅客列車のための駅なので、コンテナを搬入することはできません。

 

そのため、コンテナ便の最寄り駅は、「コンテナを取り扱っているJR駅の中で、自宅から一番近い駅」ということになります。

 

たとえば、東京にはあんなにたくさんのJRの駅がありますが、コンテナを扱っているのは

  • 隅田川
  • 東京貨物ターミナル
  • 八王子ORS

この3ヵ所の駅だけです。

 

どこの駅でコンテナを取り扱っているかは、JR貨物のホームページの「エリア別サービス案内」で確認することができます。

 

自宅や引っ越し先の地理によっては、最寄り駅までのトラック輸送が意外に長くかかることもあり得ますね。料金にそれほど大きな違いは出ないかもしれませんが……。

 

JR貨物のコンテナ一時留置サービス

長距離の引っ越しはスケジュールを調節するのが大変ですよね。自宅を退去する日に荷物を引き取りに来てもらえれば問題はないのですが、どうしても日程が合わせられないこともあります。

 

そんな場合は、コンテナの一時留置サービスがおすすめです。荷物を積んだコンテナをJRの駅で一定期間、無料で預かってくれるというもので、JR貨物オリジナルのサービスです。

 

無料期間は5日間、発駅と着駅、どちらでも預かってもらえますが、日数の換算方法が発駅と着駅では少し異なるので、そこだけ注意が必要です。

 

  • 発駅……集荷日と、その翌日から5日間
  • 着駅……積載列車の到着日とその翌日から5日間

 

上記の無料期間が過ぎると日割りで留置料が発生します。JR貨物のコンテナの場合は、1個につき1日1,000円、日通など、他社のコンテナの場合は、1個につき1日700円となっています。

 

JR貨物、カルガモ……各社のコンテナ便による引っ越しサービスを紹介

JR貨物に引っ越しを依頼したケースをメインに解説してきましたが、冒頭でふれたように、JR貨物以外にもコンテナ便による引っ越しを請け負っている引っ越し業者、運送業者はあります。

 

JR貨物のコンテナ便はサービス内容が限られますが、引っ越し業者や運送業者に頼むと、オプションで荷造りやクリーニングを頼めるなど、引っ越しにかんしたサービスも受けることができます。また、業者によっては、コンテナを航空便や船便で運ぶ引っ越しも可能です。

 

JR貨物をはじめ、コンテナ便による引っ越しサービスを行っている主な業者4社のサービス内容を、簡単にまとめました。コンテナ便での引っ越しを考えている方は、選択の参考にしてみてください。

 

JR貨物の鉄道コンテナ輸送

  • 申し込み……ホームページの申し込みフォーム、または電話で申し込みます。
  • 引っ越し当日……JR貨物と提携した会社のトラックがコンテナを運んで来るので、コンテナに直接荷物を積み込みます。
  • オプションサービス……ありません。

 

アリさんマークの引越社の長距離コンテナ便

  • 申し込み……ホームページまたは電話で見積もり依頼をします。
  • 長距離エコ便……アリさん社のトラックが自宅からJR駅へ荷物を輸送します。
  • 長距離エコリーズナブルパック……アリさん社のトラックが運んできたJR貨物のコンテナに荷物を積み込み、直接貨物列車に乗せます。
  • オプションサービス……スタッフによる荷造り、搬出のサービスがあります。

 

カルガモ引越センターのJRコンテナ・レール便

  • 申し込み……ホームページの専用フォームで見積もり依頼をします。
  • 引っ越し当日……カルガモ社のトラックが自宅からJR駅へ荷物を輸送します。
  • オプションサービス……オプションの種類は豊富です。梱包、家電の着脱、クリーニングサービスなど。
  • その他……コンテナの空輸も依頼できます。トラックが最寄りの空港へ荷物を運び、貨物センターに預けます。

 

日本通運の鉄道コンテナ輸送

  • 申し込み……コンテナ便は「単身パックX」という商品になっています。ホームページから見積もり依頼ができます。
  • 引っ越し当日……日本通運のトラックが自宅からJR駅へ荷物を輸送します。
  • オプションサービス……家電の着脱、クリーニング、荷物の一時預かりサービスなどがあります。
  • その他……船便による離島への引っ越しも可能です。トラックで港に運び日通の内航船に乗せるため、リーズナブルな引っ越しプランになっています。

 

各社、いろいろな引っ越しサービスを提供していますが、中心である「鉄道輸送」の部分は、どこもJR貨物を利用しています。そのため、駅から駅までの所要時間や鉄道運賃については共通と考えてかまいません。また、引っ越しに使用するコンテナも、基本的にJR貨物の5トンコンテナになります。