犬を飛行機に乗せて引っ越しするなら…

犬を飛行機で引っ越しさせるときに注意すること

犬

 

長距離の引っ越しでは、飼っている犬も一緒に連れて、家族で飛行機移動、という方も少なくないと思います。手荷物室に空調をいれて温度管理をするなど、航空会社もペットの移動に気を配ったサービスを行っています。でも、犬はデリケートな生き物です。飛行機で移動させる場合の注意点をまとめましょう。

 

犬を乗せられる航空会社

ANA、JAL、スカイマークがペットの預かりサービスを行っています。犬は逃げ出したり怪我をするのを防ぐためにも、ケージに入れて乗せるのが原則です。ケージの貸し出しサービスも各社で行っていますが、自分の臭いのついたケージの方が落ち着くかもしれません。

 

犬種によってケージの大きさが決まっています。航空会社のホームページで確認してください。

温度や飲み水、食事

食事は搭乗前に済ませておきましょう。犬が乗るのはいわゆる手荷物室です。前述のように空調はしていますが、気温やアスファルトからの照り返しで室内が高温になることもあります。熱中症予防のためにボトル式の給水器をケージに取り付けましょう。また、ANA、JALでは保冷材のサービスも行っています。

 

とはいえ、最近の飛行機はボディがとても薄いため、温度の影響が予想以上に大きくなる場合があることは覚えておくべきです。

飛行機に乗せられない場合

航空会社は全般に、短頭犬種の搭乗を制限する方向で動いています。短頭犬種というのは、ブルドッグやシーズー、テリア、バグなど、顔がいわゆる鼻ぺちゃの犬種です。この種類は熱さに弱く、熱中症や呼吸困難を発症したケースが多かったためです。

 

ANAは夏期の搭乗を中止、JALは全面的に預かりをストップしています。他には、持病があったり体調が悪い場合、子犬、老犬も乗せることはできません。

 

このようにいろいろな条件が設けられているというのは、それだけ飛行機の移動は犬にとって負担が大きいということでもあります。ケージが収まってしまうと手荷物室は真っ暗になりますし、エンジン音や風の音がかなり響く場合もあります。家族と離れて独りになることも手伝って、犬にはかなりのストレスになることは確かです。

 

飛行機はメリットと同時にデメリットも大きい移動手段です。ペット引っ越しサービスから、電車、自家用車などいくつもの選択ができますから、長距離引っ越しする場合には、飼っているワンちゃんに合った方法で移動してください。

 

 

長距離引っ越しを安くする方法はこちら。